記号,数字

キーワード検索

 

一文字切隅瓦や袖瓦拝み部分の左右の瓦を隙間なく合わせ、駒隅巴瓦や棟巴瓦で覆わない工法のことをいい、水切り熨斗の曲り部分・柄振台を熨斗瓦で積む場合・冠瓦類の曲り部分等にもこの工法が使われる。

 - AmigoDatabase Ver8.81