記号,数字

キーワード検索

 

袖瓦の垂れが15mm(5分)内外内側に付けられている瓦のことをいう。

手先の線と垂れの線の両方を通す必要があり、この袖瓦の合端は手先の通り及び厚みを揃えることを優先する関係から、ねじれの組み合わせに十分の配慮が必要である。

中付き袖瓦は化粧破風の場合に使用されるので、袖瓦の出寸法のない納まりが多く、垂れ下端線と品板の線、または登り瓦座の下端線との間隔を狂わさないようにしなければならない。

中付き右袖瓦 

 - AmigoDatabase Ver8.81