記号,数字

キーワード検索

 

棟の頂点に使用され重厚さを表現することのできる瓦のことをいい、通称「京箱瓦」ともいわれている。この瓦の大きさは大・中・小といわれ、寸法的な表現はされていない。陸棟には大を、降り棟には中を、隅棟には小を用いることが多い。また形状には角桟・丸桟・駒型(伊勢箱)等がある。

 - AmigoDatabase Ver8.81