記号,数字

キーワード検索

 

箱冠瓦を仮並べをして、高さ及び幅の選別を行う。組合せがうまくいかない場合には、桟の裏側を削る等の合端をする。一通り納めた後葺き上を入れ、京箱瓦一枚毎に長方形の瓦の破片を、葺き土の上に縦向きに入れ、押さえつけながら捻り、破片の両端が京箱瓦の内側に接するようにこぜるように止め、横振れを防ぐようにする。

箱冠瓦の桟の両端が、天熨斗瓦の面より出ないように、棟幅を計算することが大事である。間違いを起こさないためには鬼瓦の裏張りに、またはベニヤ板に原寸図を描き、各寸法の確認をしなければならない。

 - AmigoDatabase Ver8.81