記号,数字

キーワード検索

 

桟瓦では桟の長さから差込み側の切込み足寸法を減じた利き足寸法を葺き足寸法とすることが理想であるが、野地の状態及び工法等によって若干の寸法(O〜2mm)を加減した寸法のことをいい、野地に対する有効寸法(割付け寸法)のことである。

 A 利き足寸法

 B 葺き足寸法(√利き足寸法2+瓦の厚み2)

 C 軒瓦の利き足寸法

 D 軒瓦の葺き足寸法

 E 軒瓦の出寸法

 - AmigoDatabase Ver8.81