記号,数字

キーワード検索

 

社寺建築の軒先の茅負及び:裏甲や破風の上の登り裏甲の幅や高さを端に行くに従って大きくすることをいい、視覚的な効果をねらう手法である。

瓦関係では、軒や棟の反りを端に行くに従って大きくしたり、降り棟が陸棟にねぶり付くところ等を下かって見えないように大きくする等の手法のことをいう。

 - AmigoDatabase Ver8.81