記号,数字

キーワード検索

 

唐居敷(からいじき)という厚板の上に円柱を2本立て、五平の冠木(かぶき)によってこれを結び、柱頂部の肘木と冠木にのる腕木とを重ねて跳ね出し、板(かえる)(また)をこの上において棟木を支持し、切妻造りの平入りの屋根をかける構成の門のことをいう。

 - AmigoDatabase Ver8.81