記号,数字

キーワード検索

 

社寺を除く建築において軒裏に化粧小舞を打つ場合や二重軒の野地板の張り仕舞いの場合に、広小舞の上にのせる材のことをいい、その形状は長押(なげし)の断面に近いものである。また広小舞と瓦座を一体化した長押(なげし)()きの材が使われることも多い。

 - AmigoDatabase Ver8.81