記号,数字

キーワード検索

 

谷の水を受ける部分を瓦で納める場合に使用される瓦のことをいう。

谷に瓦を使用する場合には谷の勾配を計算しなければならない。谷の勾配は屋根の勾配に0.707を乗じて求める。例えば、5寸勾配の屋根にできる谷の勾配は0.5×0.707=0.3535で3寸5分強の勾配となる。この勾配を計算し雨水の流れを推測の上、靱瓦の重なりを考慮しなければならない。

 - AmigoDatabase Ver8.81