記号,数字

キーワード検索

 

S形瓦は明治時代にスパニッシュ瓦の平部と丸部とを一体化した改良形の瓦として開発された。

元来6寸勾配以上の洋風建築物に葺かれていたが、時代が進むに従って4寸勾配の屋根にも葺かれるようになってきた。

 - AmigoDatabase Ver8.81