記号,数字

キーワード検索

 

一般には合い口のことをいう。

瓦業界では瓦と瓦の接合点を(たがね)や電動切断機等で隙間(すきま)なく合わせる作業、瓦の焼成によるネジレの修正作業、割付けに合わせた寸法切り作業等を行うことを「合端をする」という。尚、合端をするという言葉には次の瓦の納まりも考慮することも含まれている。

単に瓦と瓦の接合点を合わせるだけの作業は「切合わせ」または「(すり)合わせ」といい、部分的作業となる。

言葉の使用例は、桟瓦の合端・袖瓦かの合端・一文字軒瓦の合端・熨斗瓦の合端・素丸瓦の合端等というように用いられる。

一文字軒瓦の合端前

一文字軒瓦の合端後 

 - AmigoDatabase Ver8.81