記号,数字

キーワード検索

 

伝統的な建築工法についての立体幾何学的な作図法で規矩法・規矩術の略。

日本建築においては特に隅軒廻りの墨付けに重点がおかれ、軒反りによる隅木や垂木の形状の変化や隅木への垂木・茅負・木負の納まり等を図上で求める技術をいう。

 - AmigoDatabase Ver8.81