記号,数字

キーワード検索

 

棟施工において菊瓦や輪違い瓦等を組込まれた棟のことをいう。この棟に対して熨斗瓦ばかりで積まれた棟は、「積上げ棟」・「熨斗積み」という。

組棟は、巴紋様または菊瓦模様の小型巴瓦(一般に菊瓦という)と輸違いを組み入れた棟のことで、桃山時代頃に始められたといわれる装飾的意味合いの強い棟のことである。

桧皮葺きや銅板葺き屋根の棟及び山門等の棟に多く見られる。

菊瓦といわれる瓦は、径60mm(2寸)・75mm(2.5寸)・91mm(3寸)等の他に、連菊瓦といわれる径30〜45mm(1〜1.5寸)の菊瓦が数個連なっている瓦もある。

菊瓦の鏡には種々の紋様が入れられているが、菊瓦系の紋様が多かったところからの名称と思われる。

菊瓦の裏側に緊結用の(へそ)が付いていて、葺き土の中に埋められ固定する形状に造られている。この形状は産地によって異なるが、菊瓦を納めるときには熨斗瓦を菊瓦の臍の下に敷き、菊瓦の台とする必要がある。

輪違い瓦とは、径60mm(2寸)・75mm(2.5寸)・91mm(3寸)等の半円形の瓦を、互い違いに組み合わせて使用する瓦である。

下図のように単品4個をもって−組といい、2個を組合わせた形状を半組という。

輪違い瓦の納め方は、熨斗瓦の上に南蛮漆喰を9mm(3分)内外の厚さに敷き、その上に輸違いを並べ、また南蛮漆喰を敷き輪違い瓦を並べる。

輪違い瓦一枚々は緊結しないので、披け落ちない葺き土の材質とすることが大事であり、漆喰または南蛮漆喰を使用することが望ましい。

漆喰または南蛮漆喰は輪違い瓦の長さの2/3内外の幅に置く。

 - AmigoDatabase Ver8.81