記号,数字

キーワード検索

 

昭和24年法律100号、建設工事の適正な施工と建設業の健全な発展を計るための法律をいう。大臣または知事への登録を規定し、登録資格を定め建設工事の請負契約を要式契約とし、一括下請けを禁止し、工事現場には一定要件を備えた技術者を置くべきものとしている。

 - AmigoDatabase Ver8.81