記号,数字

キーワード検索

 

下葺材として使用される杉の木の皮のことをいう。長さ600mm(2尺)・幅寸法は種々の杉皮を縦方向の重なりを60〜90mm(2〜2寸)としてエツリ竹で止めるため、野地むらがあり土葺き工法に適している。

 - AmigoDatabase Ver8.81