記号,数字

キーワード検索

 

石灰岩や貝殻等を焼いた粉末の生石灰と、これに水をかけた消石灰とをいう。

石灰岩を900°〜1200°で焼いて出来る生石灰に水をかけて、消化して得られる消石灰は、水酸化カルシウム・白色粉末・弱アルカリ性である。水で練ると糊状になり放置すれば空気中の炭酸ガスによって、不溶性の炭酸石灰に変化し硬化する性質がある。

 - AmigoDatabase Ver8.81