記号,数字

キーワード検索

 

降り棟や隅棟の鬼際に、反りを付けるために用いる熨斗瓦のことで、熨斗瓦の一方を削り取った形状の瓦のことをいい、「捨て熨斗」というところもある。

削熨斗瓦は棟の曲線を造りだす場合に使用する瓦である。

一般的な削熨斗瓦は、熨斗瓦の下端を斜めに削取られた形状であるが、台熨斗瓦の曲線に合わせるためには、熨斗瓦の長さの1/4の所から、下図のAように斜めに削取り、棟の曲線に合わせて造ることが望ましい。

削熨斗瓦の下端の線を優先して考える場合には、下図Bのように熨斗瓦の上端線を削取ることがある。これらの考え方は、削熨斗瓦の上端線及び下端線のどちらを優先するかによって使い分けされる。

削熨斗瓦の造り方及び納め方で、降り棟及び隅棟の線の美しさが決まるので、細心の注意が必要である。

陸棟(大棟)には削熨斗瓦を使用しないことが望ましく、降り棟及び隅棟に使用し、削熨斗瓦の位置は台熨斗瓦の上に納める。

 - AmigoDatabase Ver8.81