記号,数字

キーワード検索

 

阿は口を開いて発する音声で言葉の最初、吽は口を閉じて発する言葉の最後である。

仏教ではこの二文字を全ての根元と窮極を表すものとして、前者を万物が発生する理念の本体に、後者をそれに帰着する智恵を意味するものとする。所詮(しょせん)、阿は誕生であり、吽は悟りを意味するものといわれている。

鬼面瓦及び獅子(しし)(ともえ)(ふた)瓦等に「阿形」・「吽形」の形状がある。これらの形状の瓦を納める時の考え方の一つに、仏教の教えに基づき「阿形」を向かって右側に、「吽形」を左側(一般的な仁王像の据え方に準じる)に納める。

「万物には大極と陰陽あり、万有の根本を陰陽がつかさどる」とする考えがあり、鬼瓦等の阿形・吽形を雄雌で考え、雄を陽(吽形)、雌を陰(阿形)として、陰の方向に陽を、陽の方向に陰を納める考え方もある。

 - AmigoDatabase Ver8.81