記号,数字

キーワード検索

 

消石灰「Ca(CH₂)」のことをいう。石灰岩を900〜1200℃に焼いてできる生石灰に、水をかけて消化してつくる白色の粉末で、水で練ると糊状となり、放置すると空気中の炭酸ガスによって、不溶性の炭酸石灰に変化し、硬化する性質がある。

瓦施工においては、面戸漆喰・南蛮漆喰・泥漆喰をつくる材料とされる。

 - AmigoDatabase Ver8.81