記号,数字

キーワード検索

 

だるま窯で瓦を焼成していたときの瓦の等級を表す呼称で中級品の瓦のことをいう。素地の表面に土の粉を水で溶いたものを塗布し、焼成後の色合いにより特吐け・中吐け・並吐けの等級に選別されていた。

 - AmigoDatabase Ver8.81