記号,数字

キーワード検索

 

箕甲部分に葺かれる掛瓦で、垂れの下端が直線につくられているものをいう。破風の装飾瓦としてはグレードの高いもので重厚さを表現するのに適している。

(むく)破風(はふ)に一文字掛瓦を使用する場合、直の合端台で合わせても屋根上では掛瓦の接点に隙間が生じる。下図の破風の起り線は便宜上強調されている。起り線に一文字掛瓦の割付け墨をする。割付け2枚分に仮直線を引き、その線から起り線までの寸法を測り、合端台の割付け墨に釘を打つ。その釘の上に一文字掛瓦を置き、合端台(水平)より垂線を引き合端する。

図では大きな寸法に見えるが、これは説明のためのものであり、実際の釘の高さは僅かなものである。この繰返しにより起り線の合端をすることができる。

 - AmigoDatabase Ver8.81